iPhoneの「困った!」を超初心者にも分かりやすく画像つきで解説!Docomo・SoftBank・auに対応しています。

Bellissimo

iPhone水没後にホームボタンが反応しない時の対処法5選

2019/01/25
 

iPhoneを水没したらホームボタンが反応しない

水に落としてからホームボタンが反応しない!勝手に動く!

そんな時に試して欲しい5つの方法をご紹介します。

この記事はiPhone8までの機種に対応しています。
iPhoneXシリーズ以降はホームボタンが廃止されていますのでご注意ください。

 

①iPhoneホームボタンの接触不良

ホームボタンの隙間から水滴が入り込み、内部で接触不良を起こしている場合があります。

乾いた布やティッシュ、細い綿棒などを使って水分や汚れを取り除いてください。

特にiPhone7以降のiPhoneに実装されている「指紋認証センサー」の場合は、水分や脂分が付いていると反応しません。

キレイに清掃し、乾いた指で触れるようにしましょう。

デコピンで直るは嘘?
⇒ネットで話題になっている「ホームボタンが効かなくなったらをデコピンで直る」という方法はiPhone6s以前の「押し込み式ホームボタン」機種のみに有効な方法です。
iPhone7~8は「タップティックエンジン」という、感圧式ホームボタンに変わった為、デコピンの効果は薄くなりました。

 

②ソフトウェアがフリーズして反応しない

ホームボタンが効かなくなった原因の一つに、空き容量が不足して動作が重くなっている場合があります。

もし、アプリを多重起動している時は終了させましょう。

1.ホームボタンを2回素早くタップします

 

2.画面下からスライドするとアプリが終了します。

この要領ですべてのアプリを終了させてください。

尚、どのボタンを押しても全く反応しなくなった時は完全にフリーズをしている状態です。

以下の記事を参考に、強制再起動を行ってみましょう。

 

 

③ホームボタンのリセット

起動しているアプリに不具合がある場合にも、ホームボタンが効かなくなる事があります。

その際はホームボタンのリセット(キャリブレーション)を行ってみましょう。

これは本体リセット(初期化)ではありませんので、データが消えることはありません。

1.何でも良いのでアプリを起動する
2.電源ボタンを3秒ほど長押しする
3.ホームボタンを5秒ほど長押しする

これでホームボタンのリセットは完了です。

ホームボタンは効くようになりましたでしょうか?

 

④アシスティブタッチでホームホタンの代用をする

上の方法でもダメなら、アシスティブタッチ(Assistive Touch)という機能を使って、仮想のホームボタンを使う方法があります。

仮想のホームボタンは画面上に表示できるので、タッチパネルが反応する状態であれば使える機能です。

1.「設定」アイコン ⇒ 2.「一般」をタップする

 

3.「アクセシビリティ」をタップ

一般の中にある「アクセシビリティ」の項目をタップします。

 

4.「AssistiveTouch」をタップ

少し下にスクロールすると「AssistiveTouch」という項目があるので、そこをタップします。

 

5.「AssistiveTouch」をタップ

一番上の「AssistiveTouch」をタップすると、左下に「ぼやっとした白い丸」が表示されます。

 

6.白い丸のアイコンをタップ

画面下に出た白い丸をタップしたら、下にある「ホーム」がホームボタンの代わりとなります。

 

⑤しばらく乾燥させてiPhone内部の水分を飛ばす

iPhoneを水に落としてから間もない場合、端末の中に水分が残っている為、ホームボタンが効かなくなっている可能性があります。

以下の記事を参考に、iPhone内部に入り込んだ水分をしっかりと乾燥させましょう。

 

 

色々試してもiPhoneホームボタンが効かない場合

ここまでやってもホームボタンが効かない場合、自分で出来る方法はもはやありません。

街にあるiPhoneの修理業者か、アップル正規店でiPhoneの修理を検討してみてください。

ちなみに、街のiPhone修理業者で修理を行った場合の金額は5,000円程度。

アップルの保証(アップルケアプラス)に入っている場合は、保証範囲内で修理を行うことが可能です。

⇒水没修理の料金一覧はこちら

また、使用年数が長い場合、ホームボタンの裏側の部品が摩耗するため、劣化してボタンが陥没してしまうことがあります。

iPhoneの命とも言われるホームボタンが動かなくなると、大半の操作に支障をきたしてしまいます。

特に水濡れをしている端末は、最終的に電源が入らなくなる可能性も高いので、早めに修理に出すことをオススメします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Bellissimo , 2019 All Rights Reserved.