iPhoneの「困った!」を超初心者にも分かりやすく画像つきで解説!Docomo・SoftBank・auに対応しています。

Bellissimo

水没したiPhoneの電源を入れてしまったけど大丈夫?すぐにシャットダウンする方法

 

水没したiPhoneの電源を入れてしまった!

 

iPhoneが水没した時に一番やってはいけないことが「電源を入れる」こと。

電源を入れている時間が長いほど、iPhoneに与えるダメージは大きくなりますので、まずは少しでも早く電源を切りましょう。

ここではiPhoneの電源をシャットダウンする方法についてご紹介します。

 

水没したiPhoneの電源の切り方

iPhoneはどの機種でも電源ボタン(スリープボタン)を3秒ほど長押ししてから電源を切ります。

ボタンの位置は機種によって若干違いがあります。

電源ボタンを長押しすると、スライドバーが表示されますので、

電源マークを横にスライドするとiPhoneの電源が切れます。

 

水没したiPhoneの電源が落ちない時の対処法

上の手順でもiPhoneの電源が落とせない場合、以下の3つの方法でも安全にシャットダウンをすることができます。

 

①強制シャットダウン

電源ボタンと音量キーボタンをしばらく長押しすることで、iPhoneを強制的にシャットダウンすることができます。

強制シャットダウンは、iPhoneがフリーズして固まったままになった状態や、リンゴループ(リンゴマークが何回も出て進まない)時にも有効な方法です。

⇒【機種別】電源ボタンと音量キーの場所はこちら

 

②アクセシビリティの設定

電源ボタンが反応しない時は、上の方法で強制シャットダウンをすることができません。
その場合はiPhoneの「アクセシビリティ」という機能を使って電源を落としましょう。

1.「設定」アイコン ⇒ 2.「一般」をタップする

 

3.「アクセシビリティ」をタップ

一般の中にある「アクセシビリティ」の項目をタップします。

 

4.「AssistiveTouch」をタップ

少し下にスクロールすると「AssistiveTouch」という項目があるので、そこをタップします。

 

5.「AssistiveTouch」をタップ

一番上の「AssistiveTouch」をタップすると、左下に「ぼやっとした白い丸」が表示されます。

 

6.白い丸のアイコンをタップ

画面左下に出た「白い丸」をタップしたら、右にある「デバイス」をタップします。

 

7.「画面をロック」を長押し

左上にある「画面をロック」を数秒間長押しすると電源を切るスライダーが出現します。

 

③システム終了

「設定」⇒「一般」⇒「システム終了」を選択しても同様に電源を切る画面を表示することができます。

これらの方法だと電源ボタンや音量キーが効かない場合でも、安全に電源を切ることができますよ。

 

水没したiPhoneそのまま使い続けても大丈夫?

一度水没したiPhoneは電源が入ったとしてもそのまま使い続けるのは絶対にNGです。

一見、外から見てもなんともなかったように見えますが、実はiPhoneの内部では少しずつ水濡れによる基板の腐食が進行している状態。

水濡れに腐食した内部基板

水濡れにより腐食した内部基板

 

いつも通り使っていると、ある日突然電源がショートし一切動かなくなります。

それが数日後になるか数カ月後になるかは分かりませんが、どうしてもiPhoneを使いたい時に全く使えなくなったら大変ですよね。

また、水没したiPhoneの「電源を入れてしまった」と同じくらいやってはいけない
・「振ってしまった」
・「充電してしまった」
・「ドライヤーを使ってしまった」

という場合でも、水没修理の範囲内でで対応をしてもらうことができますので、できるだけ早めに水没修理に出しましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Bellissimo , 2019 All Rights Reserved.